工房から聞こえてくる トンテンカンテン・・・

その音と共に、我が家の暮らしはあります。土のある山暮らしは、自分たちができること作れるものは自分たちで手を動かし、足を運んで調達をする。忙しながらも、それは自分たちの理想の暮らし方の一つです。

そんな中から作られるKanadeの作るモノは、

できるだけシンプルな作りを心がけ、修理しながら

長く使えるものを。用と美を兼ね備えたものを。

母親のレシピを子どもが受け継ぐように、次の世代へ

そのレシピと一緒に手渡される道具になりますように。

作品ではなく、作り手から使い手に手渡され、

気取らず、暮らしに馴染んでいく” 日々の道具 ”でありたいと感じています。

profile / オクダ クニヒロ

1968年広島に生まれる。少年の頃から甲冑に興味を持ち、専門学校で金工を学ぶ。その後伝統工芸での修業、NYでの製作経験を積んできた時間が、ものづくりの礎となっている。趣味は、見かけによらない(?)ケーキ作り。