緑青の対処方法

 出店時などでもたまに質問を受ける「緑青が出たら、どうすればいいですか?」

 緑青に対する不安感を持たれる方は多く、その緑青が出るせいで、銅は”厄介な素材””扱いが難しい特別なもの”として分類されていることも少なくないように感じています。

 確かに写真のように、我が家の銅にも緑青が出ることはあります。これは、銅水(我が家愛飲の?copper water)を作っている銅のケトルの蓋として使っているもの。気がついたら、ちょっとした水ハネなのか、湿気からなのか、ぷつぷつと青くなっているのです。

 火にかける鍋で頻繁に使用しているものなどは、使用頻度が多ければ多いほど、緑青は出にくいです。揚げ物などに使う銅鍋も、出にくいですね。

 緑青を見つけた時には、傷が表面につきにくいもので、洗い落として使用します。

 洗いこするだけで落ちない場合は、キッチン用クレンザーを我が家では使用しています。キッチンまわりにあり、さっと使いやすいので・・・スチールたわしは深いキズが残るので、使用しないでください。

👆上の緑青が出たものをクレンザーで洗い落とした写真です。

 食器を洗うスポンジの裏の粗い方を使用してこすったのですが、少しキズが残ってしまいました。

が、これぐらいのキズなら、使用してまた銅の色が茶色になってきた頃には、さほど気にならなくなります。

 もし、これぐらいでも気になるようなら、水研ぎペーパーの#800以上のもので磨くか、金属磨きピカールなどで傷を目立たなくすることもできます。

 我が家では、馴染んでくれるぐらいのキズであれば、そこはおおらかに、あまり気にしすぎず使用しています。緑青を落とした周辺はピンク色になりますが、時間と共にこれもまた馴染んでくるでしょう。

 それにしても、銅の緑青って、美しい色だと思いませんか?

洗い落とす前に、自然にできてしまった青の発色にウットリして、それから洗い流しています・・・

鉄でいう赤サビが、銅でいう緑青。

なので、道具としては、錆びない方がいいとは思うのですけどね笑

釜銅(かまど)PAN、どうぞよろしく

 我が家ではご飯は鍋で炊いています。「近いうちに炊飯に向く銅鍋を作りたいね」と言い出して、かれこれどれくらいの月日が経ったのでしょうか。。。

 今までも、揚げPANにぴったりの蓋を合わせてご飯を炊いていましたが、吹きこぼれ覚悟での使用でした。新作であり、定番としてご紹介する今回のものは、その吹きこぼれが極力ないように、上部に段差をつけて立ち上げたデザイン。蓋が中に入るかたちです。

品名の『釜銅PAN(以下かまどパン)』は、火で調理した時のような素材への熱の通りの良さや味のしみ具合の良さが、銅鍋の長所と重なるところからこの名前が湧いてきました。そして、かまどで使うお釜のように、火のある・使う暮らしの豊かさもイメージしました。

 そしてもちろん「炊飯だけではなく、煮物や汁物なども作りたい!」と、内側には錫引きを施してあります。これで、素材の変色を防ぐことができるので、銅鍋でコトコト煮たり、翌日、料理したものを入れたままも可能になりました◎

錫引きを長持ちさせるためには、使用するお玉やヘラは金属製のものよりも、当たりが柔らかな木製のものがおすすめです。

 Kanadeは、一から鍛金の手仕事で製作。本体の折り曲げる箇所は表裏両方に印をつけますが、表と裏で微妙に折り曲がるラインが変わることを頭に置いて、厚みを感覚でつかみながら成形していきます。銅板を少しずつずらしながら当てがねに当てて、一打一打鍛えていきます。

スタイリッシュなデザインではないかもしれない・・・・そこを目指していないから。笑

しかし手仕事でしか醸し出せないものが必ずあり、愛嬌ある佇まいの”かまどPAN”。和でも洋でも合うと思います。

すでに我が家では、ついつい手に取って使いたくなる愛着湧く道具です。

《 サイズ 》蓋込み*H170/w270 本体内寸*175/ h125 内容量2000ml ※IH電磁調理器では使用できません

銅鍋で出汁をとる

ここ半年、我が家では銅の殺菌抗菌効果に着目して、銅のポットに水を汲んで、4時間以上経った水をご飯の準備やお茶をわかしたりに使うようにしています。

ある時、あらためて水道水と、銅のポットに入れた水を飲み比べてみると、

あ・き・ら・か・に!違うのです。(錫引きなしの銅鍋へ4時間以上入れた水道水・錫引きしたミルクパンに4時間以上入れた水道水・グラスに注いですぐの水道水を比較)

錫引きなしの銅鍋の水が一番、柔らかな感じがしました。水道水に含まれる塩素が銅イオンと化学反応を起こしているのか?、塩素臭も気にならないほどに・・

銅板下ではO157が検出されなかったなどの実験結果も、目にしたことがあります。

銅はクリプトスポリジウム・レジオネラ菌などにも、超抗菌効果を発揮するそうです。

実際の味わいの良さと殺菌抗菌効果があるのならば、銅鍋(錫引きしていないもの)を使わない手はないなあと・・・

使うのは、ジャム作りにも揚げ物にも、野菜を茹でたりにも使う、両手鍋。

その鍋に水を張り、朝ごはん用のお味噌汁の出汁を準備します。

お水の中には、いりこと昆布。いりこの量も昆布の大きさも、その時々のいりこの大きさにもよるし、昆布はどこで買った昆布か、産地か、にもよるので、適当です。それぞれの好みで。。。

銅鍋 + いりこ(たまに鰹節になることも)と昆布 + 水

出汁パックを使っていない我が家ですが、水の中にポイポイといりこと昆布を入れるだけなので、

◉だしパック同等、楽チン!

◉いりこも昆布も具材の一つに。苦手な人は、取り出してください。

◉銅分も摂取できる。

◉丁寧な暮らし感もついてくる!?笑

朝起きると、そのお出汁になった水ごと、お味噌汁を作る鍋に移します。(銅鍋に錫引きしていないので、長時間使用には向きません。ここはひと手間かけます)⇨ その後そのまま、この鍋でご飯を炊くことも◎

銅鍋でだしたお出汁は、水が美味しくなるせいか、お出汁の出方が違うのか、それともその両方?!、、そこは解明していないのですが、美味しく感じています。

最近、”銅水”用の、大きなポットがほしくなっている我が家です。

No copper, No life

JX金属が、提供してくださっているYouTube動画を、日本銅センターのサイトで見つけました。

Copperだけに、カッパーくんが登場!笑

銅のことを知れば、もっと銅のことが好きになる・・・暮らしの中に、もっと銅を取り入れたくなりました。

銅鍋に限らず No Copper,No lifeなのだと、我が家も知らなかったことがチラホラ。

そんなに長くないので、ご覧くださいね。

修繕しごと4 〜大鍋錫引き編〜

内面は錫引きされて、見違えった大鍋!ですが、地道な作業は、、、終わっていませんでした(笑)。

でも、少し考え方を変えれば、地道に作業すれば後は綺麗になるばかり!と…

クレンザーと水研ぎペーパーを使用し、研ぎ落としていきました。

黙々作業の甲斐あり、徐々に・・・

ようやく、ここまで!!

錫が引き直され表面を磨けば、鍋に息吹がかかったよう。アンティークの銅鍋ではなく、まだまだこれからしっかり仕事をしてくれそうな風貌になりました。

こんなところも、銅鍋の魅力だと思います。

大変お待ちいただいたお客様にようやくお届けでき、早速この鍋で仕込まれたそう。(さすがですね✨)

最初の料理は、ラタトゥイユとか・・・(実は我が家も、新しい銅鍋を下ろして初めて作った料理がラタトゥイユだった鍋があります笑。)

そのラタトゥイユは、今まで以上に、明らかに美味しく出来たそう。そして、これからは良い道具を少しずつ集めていきたいと、感想を伝えて下さいました。

銅鍋は確かに、きちんと作られたものほど一般的に高価で、簡単に手が出るものではないかもしれません。

でも、こうやってメンテナンスをすることで、自分だけでなく、自分の次にまた使うことが出来るほど、

耐久性もあります(耐久性を考えてきちんと作られたものは…)。そして、それはただただ鍋が受け継がれるだけではなく、思い出だったり、レシピだったり、時間だったりも一緒に手渡されることもあるでしょう。

今回のメンテナンスで、お客様が銅鍋の良さを実感してくれるきっかけになったことが、とても嬉しく、それは自分の仕事への自信に繋がります。目指すべき、“三方良し”の仕事が出来た気がしています。

PAGE TOP