夏の必需調味料

長雨が終わったかと思えば、酷暑の夏。それでも、ようやく、すこーーし風が気持ち良かったり、朝晩は過ごしやすくなってきました。

でも、日中はまだ35度とか普通にある。

そんな残暑に我が家の夏の必需調味料を紹介します。2つご紹介するうちのまずは、”青唐辛子ペースト”

我が家は、家族揃って、辛い物好き!とはいえ、大人の口に合わせてしまうと、子どもにはコクで、そんな時、この青唐辛子ペーストを辛くしたいだけ足します。普通のスパイスカレーやタイカレー、麻婆ドーフやスープなどなど・・・これを入れると食欲も増してくるのです。

夏のお盆ごろになると、実家から、ほぼ毎年大量の青唐辛子を送ってくれるので、到着したら一部残して、あとはこのペーストに・・・

<作り方>  

青唐辛子をきれいに洗って、乾かす。乾いたら、ヘタを取って、フードプロセッサーで細かくする。それに、青唐辛子の重量の4〜5%の好みの塩を混ぜて瓶詰めをして出来上がり。

上記のものにゆずの皮を入れると柚子胡椒です。

でも、この時期、ゆずの皮は手元にないし、あとで混ぜるというのも一手間。Kanade店主は入ってない方が好きだというので、塩と青唐辛子のみで我が家は作っています。保存できるのも◎。

もう一つの調味料は、梅酢塩。

これは、熱中症対策としても、ぜひぜひお試しあれ!

実は我が家も今年初めて作ったのですが、そのまま舐めても美味しいのです。

これは、染めと焼き菓子工房のアンティマキさんhttps://www.facebook.com/AuntieMakiに教えていただきました。

<作り方>

梅干しを作ると出てくる梅酢に塩を混ぜて、天日で水分を蒸発させる。分量は適当に・・・

できた梅酢塩は想像通り、梅味。薄ら色も着きます。外仕事の時は、梅ジュースにこの梅酢塩をひとつまみ入れて、スポーツドリンクとして水分補給。

子ども達は、そのまま通りすがりに瓶に入れている梅酢塩をなめています(笑)

やったことはありませんが、これでおむすび作っても美味しそう。ドレッシングにも使えるかなとか。

ただ、梅を手作りしていないと梅酢ってなかなか手元にないですよね、、、こういう副産物ができるのも、手作りの良さだなーと思います。

他に、味醂を作ったときのみりんかすや、お醤油を作った時の搾かすなどもそう。

その副産物も余すことなく、大事に使えるようになりたいものです。ただただ、もったいないからというだけでなく、出来れば美味しく、ですね。

修繕しごと2 ーケトルー

豊田市美術館で年2回開催される”MUSEUM MARKET”のご縁で、ケトルの修繕をいただきました。

骨董屋さんで出会われたという、銅のケトル。さあ、使おうかと思ったら、注ぎ口の継ぎ目からの漏れが、、、💧💧

作業としては、漏れている箇所を見つけてそこを埋める・・・と想像されるかもしれませんが、注ぎ口を一旦外し、接着面を綺麗にします。ある時代のものだと、鉛を使用しているものもあり、もし使用しているようであれば接着面を見ればわかりますし、この時点で取り除きます。

このケトルも”もしや・・・”と思いましたが、使われていないようでした◎

ただ以前にも、注ぎ口を一度修繕したようで、その時のロウ付けに錫を使用していたよう。

錫は、人体に害がほとんどないと言われる金属で鍋やヤカンの内側に錫引きをしたりしますが、融点が231.9℃で金属の中では低く、空焚きすると溶けてしまう恐れがあります。このケトルも、錫でロウ付けしていたので、上記のように、空焚きで溶けて、そこから水漏れし始めたのではないかと思われました。

注ぎ口を外したケトルは、油分や汚れを綺麗に落とし、それから銀でロウ付けしました。銀の融点は961.8℃。少々空焚きをしたぐらいでは、溶けない!おそらく、これで大丈夫だと思います。

田植え手植え

5月晴れー。まさにこんな日をいう…というような新緑に周囲囲まれた中、今年も我が家の田植えができました。コロナで、大変な状況の中でも、自然は淡々と美しい。見えないなんらかの影響は受けているのかもしれないけれど….。 でも、今はこうやって田植えを今年も変わらず行えることにホッとしています。

約6畝の小さな田んぼ

コメを作り始めたのは、5年前。ここへ移住して、約5年経ってからでした。

スタートと言っても、私たちにお米が作れるのか?!と恐る恐るで、小心者の私達は、まずは6畳ぐらいのリトル田んぼからスタートすることにしました。それはそれは、可愛らしい田んぼでした笑。

そして、見事!お米は育ち、稲刈り→ハザ掛けまでして生まれて初の米作りに成功したのです✨

特に大したことをしなくても、お米は作るのではなく、“できてくれるもの”だと勝手な解釈をした私達は、翌年、6畳から24畳(12坪)、またその翌年は3畝、そして今の6畝と、欲に任せて、現在の広さに至りました。

 田植え機も稲刈り機も持っていない我が家は、もうこの広さでいいかな〜と思っています。もっと、頑張れば広くできるかもしれませんが、広くして「田植えも、稲刈りもうんざりーー!」となるよりもちょっと頑張って楽しんでできるぐらいが我が家の程々。

それに、一年分を作っても、農家のように冷蔵保管ができるわけでもないのでカビが心配であったり、有機農法で真面目にお米を作っている知り合いから足りない分を買わせていただくことも良いかな〜と思っています。

現在田舎で問題になっているのは、獣害対策。山里にフツーに下りてきては、餌を求めて野菜や田んぼを荒らしていくイノシシや鹿。決して、彼らが悪いのではなく、そうさせてしまった人間のせいなのですが、こちらも死活問題。(あちらも死活問題)

去年の稲穂が付き出した頃からMy田んぼに鹿が入り出し、とうとう全て食べられてしまったのです!!

稲穂がついていない!

この周辺で、一番被害があったのは我が家の田んぼで、多分それは無農薬で育てているので、一番美味しかったのだと自負しています。

それにしても鹿まで扶養してしまい、田植えも水管理も草刈りも全てが無駄になってしまった去年。優しい近所の方が、見るに見かねてお米を分けてくださった時は、これが田舎のつながりなのだなーと感じました。優しさをいただいたのは1件だけではなく・・・本当にありがたかったし、一生忘れることはないなあと思います。

今年は周囲に高いネットを張ったり、ちょっと気合が違います!学習、学習!今年こそは、我が家のお米がいただけますように・・・

因みに、稲穂を食べたであろう鹿くんは、数ヶ月後、我が家の胃袋に・・・

とても、よく肉がついておりました。これまたありがたく、大事に頂きました。

とよたのローカルメディア『縁側』

私たちが縁あって、豊田市の山側へ移住してきて10年が経ちました。豊田に住みたい!というよりも、たまたま豊田市だったというのが正直な話。

でも、ちょうどその頃、この豊田の山側へ移住する人たちがちらほら増えてきた時期だったようで、偶然か必然か、今もその仲間とつながりがあり、この地で面白く暮らせてるのは、その仲間たちのおかげもあるように思います。

山の暮らしは、確かに一般的にいう便利さには欠けているし、ちょっとした町まで買い物に30分以上?!車で走らないといけない行為に、未だに慣れはしない(笑)。

でも、自由に人になるべく気兼ねせず遊べる(生産・製作できる)スペースを探していた私たちには、やはり街よりも田舎の方が広い場所を確保しやすく、土があり、小川があり、朝霧で真っ白な朝、雨上がりには蜘蛛の巣のネックレスを至る場所に発見、ひぐらしの鳴き声に夏を感じたり、書ききれない景色や音、匂いを感じながらの暮らしは飽きることなく、そこに暮らすだけで生きている実感があるのです。

そうなると嫌なことはないかのようですが、もちろんそんなこともなく、カメムシの羽音にうんざりしたり、梅雨時期のカビや、映画を観るのも、「空き時間に一本見よか〜」という気軽さはなく、イベントになってしまうという不満足さもありますけどね。

山から出ないわけではなく、山に暮らしのベースを置き、たまには街に繰り出すことも楽しんでいます。

本題ですが、そんな山側での暮らしに興味がちょっぴりあったりする人たちの背中を押してくれるようなローカルメディア『縁側』がローンチ(リリース)されました。是非是非、読んでください!インタビューの自転車の遠藤 颯くんの記事、おすすめです笑!同じ稲武地区に移住してきた仲間です。

そして、いいかげん移住体験記執筆の大山 眞記子さんも、同様この4月に家族で稲武地区へ移住。

あえてこの時代に、街ではなく、不便でも自然豊かな場所での暮らしを選ぶ人たちは、とても魅力的で面白い人たちが多い。そんな人たちに出会えるのも山暮らしの面白さに感じています。

仕込み週間

お醤油を作る元になるお醤油用麹。ここ数年毎年この時期に、醤油の仕込みを済ませ、たまーに手をかけて、翌年の1月に1年近く使うお醤油を搾ります。それが済むと、ホッとします。「また“我が家のお醤油”を使えるよー」って、家族に新醤油を報告し、生醤油を味わいます。

(いきなりですが、)お金の場合は、いくらか溜まっても、またそのお金に追われるような、いつまでたっても落ち着かない。「これぐらい溜まっていてもだめだーっ」て。欲も感じます。ほんと、これってなんでしょうね。。。

たいしてたまっていないからか、、、笑

でも、お醤油やお味噌、薪、お米…自然の力を借りながら自分たちで手間と時間をかけて作ったものができたときは、心穏やか満たされるものがあるのです。これだけあれば当分の間は、暮らしていけるねって、ホッとさせてもらえる。

大豆と麦の醤油用麹と塩と水で仕込みます

ただいま学校がお休みなので、何年かぶりに子ども達とお味噌作りができた!

外で火を焚いて、羽釜で豆を茹でる。今年は、いつも麹をお願いしている田中麹店(飯田市)店主直々に麹を配達していただき、丁度大豆が茹で上がったタイミングだったのをいいことに、豆を味見してもらい火の通り具合を確認してもらえました◎

店主曰く「柔らかく茹でた後、火を止めて冷めるまで鍋の中で蒸らすといい。そうすることで、煮えムラがなくなり、風味と香りがたって豆のねっとり感が更に増します」とのこと。

店主のお母さん?おばあちゃん?も、「味噌造りは焦っちゃだめだにー」とよく話されていたそう。

早速、二釜目は、蒸らしを。

確かに大豆の色も違い、ねっとり感が出て潰しやすかった!

 小さい頃は、ミンサー(挽肉にする道具)から、大豆がウネウネって出てくるのが「ウ◯コみたい〜」と面白がって手伝ってくれていた息子達は体も多少は大きくなって、頼もしく石臼で豆を潰す。

そして、こちらも1年後、どんなお味噌になってくれるやら・・・ 

PAGE TOP