ごてんばアートクラフトフェアへ

11月3、4日は、ごてんばアートクラフトフェアへ出店します。今年最後のクラフトフェアへの出店です。毎回気になるのが、天気と出店場所。・・・天気は、良さそうです!今年の富士山も期待できそうです。

今年の出店場所は、ワークショップのエリアをさらに越えたクラフトアートの並木道。(フードコートとは反対の車道側に出店)場所としては木漏れ日のさす森の中で素敵な場所ですが、入り口からは少々距離があります。ワークショップや他のお店も楽しみながら、たどり着かれるのをお待ちしています!

 

8月の帰省中に、10年以上前に銅鍋を購入してくださった方から、メンテナンスのご依頼を受けました。長年使用していると、内側の錫が剥がれてくるのが通常で、その場合はKanadeの方へご連絡いただければ、再度錫引きすることができます。

10年以上ぶりに再会した銅鍋は重厚感が増し、ただ時間を経ただけでなく、丁寧に扱われ、使い込まれていた様子がこちら側にも伝わってきました。作り手から使い手に手渡され、時と共に育てていただいたんだなあと・・・

イベントなどでは銅も真鍮も磨かれたものが並んでいますが、最近では実際に我が家で使っている経年変化したものも一緒に並べています。かなりラフな手入れでも大丈夫!こんな感じになっていきます、となんとなく想像できれば・・・

確かに使っていくことで、最初の”輝き”ではなくなっていきますが、変化していく様子も楽しんでもらえればと思います。

毎春今年こそはと畑に気合いを入れるけど、草に追いつかなくなってくるのがこの時期。

地這えトマト?状態になっていた我が家のトマト。支柱をようやくやり直して・・・ちょっと畑らしくなってきた。モチベーションUP!

食べきれないミニトマトは一昨年までは、半分に切ってお塩パラパラして天日干しするドライトマトにしていたけれど、去年、冷凍保存できることを知った。洗って水切りするだけで、あとは冷凍庫へ直行。秋以降、スパゲティやトマト煮込みでトマトがちょっと欲しい時にとても重宝してくれます。大きなトマトは皮を湯むきして保存した方がいいらしいけれど、ミニトマトはそのままでOKなのも◎。

視界の大半を緑色が占める山暮らしの夏。トマトの赤色が映えます。。。

PAGE TOP